「人生のコントロールを取り戻す」

12歳の時にマリファナを吸い 13歳で鎮痛剤に依存し、14歳でヘロイン中毒になっていました。

ふたつの違った人生を別々に送っていた感じです。 ちゃんと振舞って自分を良く見せる一方で、内面的にはメチャメチャだったんです。

自殺しようとしたんです。 本気でした。実際に死にかけたんです。その時、母が僕をナルコノンに連れて行きました。

プログラムを終えた時、今までの人生で一番大事なことをやり遂げたと感じました。

人生の主導権を取り戻し、家族の信頼も戻ってきました。 自分自身や家族のことを気にかけるようになり、生きたいという気持ちになりました。

それは本当にかけがえのないものです。

その他のビデオ